ホーム > 製品案内

製品案内

“toban”の主な活躍シーン

学校・企業の周年記念や施設のエントランスなどに、オリジナルデザインの陶板(toban)が華を添えます。お客様の想いをしっかりと引き出し、お客様と「共に」デザインを創りあげていきます。「土」という天然素材から伝わる素朴なあたたかさと豊かな表現。世界で一つだけの陶板(toban)。高い耐久性を持つ陶板(toban)は、デザインに込められた大切な想いをそのままの姿で伝え続けます。また、陶板(toban)は、そのサイズの自由度、色調の表現力、作品の保存性の観点などから、国内外のアーティストの作品づくりにも活用されています。

耐候性、耐久性に優れ、屋内はもちろん、屋外の過酷な状況においても変色、変質しにくいという焼きものの特性を活かし、「陶による文化財の複製」等にも使われています。
高い表現力が特徴の陶板(toban)で、大切な文化財をそのままの姿に、後世へ伝え続けます。陶板(toban)による複製は、文化財に「触れる」ことを可能とし、貴重な文化財をより身近に感じるための新しい展示方法として期待されています。
また、建築の方面では、過去の美しい姿を現在に甦らせるため、文化財指定建築の補修にも活用されています。

大塚国際美術館にあるような世界的な絵画はもちろん、お客様のお手持ちの原画を陶板(toban)に忠実に再現することも可能です。お客様ご自身が描かれた絵画や大切に所蔵されている古画、書など、思い出を陶板(toban)で残すことが可能です。名画などを陶板に写しかえることで、屋外など雨風にさらされる場所での展示や見るだけでなく触れて感じる展示などが可能になり、新しい愉しみ方が広がります。

普段生活をしていて陶板(toban)という言葉を耳にする機会はあまりないですが、実は街中でも見ていただけるのです。東京では国会議事堂中央塔屋根、大阪では中之島のフェスティバルタワーの壁面モニュメントなど、身近なところに大塚オーミ陶業の陶板(toban)が使われています。雨風に強く建材としての機能を備えているため、屋外サインや駅の壁面、ビルの壁面装飾など、街のあらゆる場所で大塚オーミ陶業の仕事が活躍しています。また、オリジナルの記念品や肖像などの制作も行っています。想い出の品やお写真を、そのままの色調でいつまでもおそばに置いていただけます。 詳しくはこちら

様々なクリエイティブを実現する、製品・素材

  • 陶板(toban)
  • Special Contents
  • 陶板名画

ショールーム見学予約

弊社のオリジナル製品および、多彩なアーティストの方々との共同制作品、キトラ古墳をはじめとする文化財複製再現製品などの製品を、テーマ別に紹介しています。

  • 見に行ける!実績案内
  • 陶板によるキトラ古墳壁画の複製
  • 中之島フェスティバルタワー レリーフ製作プロジェクト
  • 大塚国際美術館
  • TOKUSHIMA VORTIS official website
ショールーム見学予約