ホーム > レポート > 第Ⅴ回|本製作2

REPORT

REPORT

中之島フェスティバルタワー レリーフ製作プロジェクト「牧神、音楽を楽しむの図」

第Ⅴ回|本製作2

2012/02/28

− 目地確認から焼成、敷き並べ(夏~春)−

 

■レリーフの新たな表情


彫塑が終わり、表面テクスチュアを入れると、巨大な彫刻の完成です。作業場の天窓から光が射し込むと、レリーフの滑らかな稜線が映え、それは美しいものでした。これまでの作業も、ここへ来てようやく報われた気がします。

  • 表面テクスチュア作業後、サインを入れる監修の先生方 

左から:建畠先生/建畠先生サイン/鷹尾先生/鷹尾先生サイン)


 

いよいよ焼成、といきたいところなのですが…そう簡単にはいきません。焼成に入る前に、レリーフを構成するピース各々を、目地幅20㎜ずつあけ、敷き並べる作業が必要でした。彫塑、テクスチュア作業の段階で、叩いたり、撫でたりすることで、表面的には目地が見えなくなっていきます。それを元の目地の部分で切り離し、各ピースの側面を押さえて小口を整えるなど、ひとつひとつ丁寧に仕上げた後、再び目地幅分をあけた状態で敷き並べていくのです。目地の見えない滑らかな美しさから一変、目地をあけ、敷き並べたレリーフたちには、勇ましく力強い新たな表情が浮かんでいました。

  • 元の目地の部分で切り離していく 
  • 切り離した後、各ピースの側面を押さえ、整える 

■目地確認と修正

 

目地をあけない状態で彫塑をし、一度仕上げをしています。そこから目地幅20㎜ずつあけると、周囲のアウトラインや彫塑した稜線などは、当然形状があわなくなってきます。目地をあけて敷き並べた後、ふたたび全体を俯瞰しながら、修正を行っていきました。

  • 「月」 形状の確認 
  • 「月」 ずれが大きい部分の修正 
  • 「牧神(鳥)」 形状の確認 
  • 「牧神(鳥)」 ずれが大きい部分の修正 

特に牧神の顔の部分は、目地をあけることによりずれが生じ、バランスが崩れたため、ふたたび鼻の位置をずらしたり、目を入れ直すなどの作業も行われました。この状態で監修者の先生に再度監修をいただき、ようやく彫塑が完了いたしました。

  • 「牧神(鳥)」 鼻の位置変更 
  • 彫塑完了 

■裏グリ作業

 

監修を終えたレリーフは、均等に乾燥し、均等に焼き締まるよう、各ピースの厚みを一定(30㎜程度)にするために裏グリ作業(裏側から土を掘り出す作業)を行います。すでにレリーフは乾燥が始まっているので、土が固くなりすぎないうちに、作業を進めます。一方では、目地の間に入る設置金物を取り付けるため、また、外部からその金物を見えないようにするために、側面を少し凹状に削り込んだり、金物用の穴をあけるなどの作業も行っていきました。金物の取付図面についても、検証しながら並行して作成していきました。

  • 乾燥 
  • 施釉 



■いよいよ焼成へ

 

入念に検証してはいるものの、これだけ大きなピースを一度に焼くということには緊張感が走ります。これまで事業主や監修の先生方にも何度も足を運んでいただき、私たちも一つ一つ大切に仕上げてきたレリーフです。この焼成という工程により、土の塊だったものが焼きものとなり、50年、100年先まで受け継ぐことができる耐久性を備えるのです。

試作時の検証を元にした、温度、ヒートカーブをプログラミングしたテラコッタ専用のシャトル窯に、所定のピース数量を入れ火入れをし、所定の温度まで上げて焼成します。その後、火を止め冷却に入り、窯を開けることのできる温度まで下がるのを待ちます。「うまく焼き上がるだろうか。」と、期待と不安が募りましたが、窯を開けてみるまではわかりません。

ようやく窯を開け対面したピースは、鮮やかな青が、瑞々しい光彩を放っていました。

  • 窯づめ作業 

■焼成後の敷き並べ検品

 

焼き上がったレリーフは、再び敷き並べを行っていきます。大きな歪みはでなかったものの、各ピースの形状が異なるため、反ったり、逆に膨らんだりなど場所ごとにピースの形状にずれがでてきました。再度敷き並べて、どうしても目地が開きすぎるなど気になる点については、目地幅を狭めるためにピースを大きく作り替えるなどの作業が必要となりました。

焼いてみないとわからない。それが焼き物の醍醐味であり面白さでもあります。

土の調土から、焼成後の敷き並べ検品をすべて終えるまで約1年半。ようやく6体全てのレリーフが完成し、いよいよ取付に入ることになりました。

  • 焼き上がり 
  • 焼成後敷き並べ 




協力(敬称略):
朝日新聞社/朝日ビルディング/建畠朔弥/鷹尾俊一/日建設計/竹中工務店

http://www.festivaltower.jp/

 

※ 当レポート内の画像及びその他内容の無断転載・転用を禁じます。

 

============================= 

▶▶第Ⅵ回|取付工事 ヘ

PDF:第Ⅴ回|本製作2(1.6MB)

  • 陶板(toban)
  • Special Contents
  • 陶板名画

ショールーム見学予約

弊社のオリジナル製品および、多彩なアーティストの方々との共同制作品、キトラ古墳をはじめとする文化財複製再現製品などの製品を、テーマ別に紹介しています。

  • 見に行ける!実績案内
  • 陶板によるキトラ古墳壁画の複製
  • 中之島フェスティバルタワー レリーフ製作プロジェクト
  • 大塚国際美術館
  • TOKUSHIMA VORTIS official website
ショールーム見学予約