ホーム > ニュース > 高野山 金剛峯寺「弘法大師坐像」を陶で複製

NEWS

高野山 金剛峯寺「弘法大師坐像」を陶で複製

2014/07/25

【News Release】

大塚オーミ陶業株式会社と高野山金剛峯寺は、金剛峯寺が所蔵する『弘法大師坐像(萬日大師)』を陶(セラミックス)により複製、製作しました。
現在、高野山霊宝館に収蔵されている「弘法大師坐像」は、他の文化財、美術品等と同様に長年に亘る保存により劣化が余儀なくされますが、今回、原寸大の陶で製作した本像は半永久的に現在のお姿を後世に伝えることが可能になります。また、人が手で直接触れることも出来、「弘法大師坐像」がより身近な存在になると考えられます。

7月24日、弊社信楽工場にて内覧会及びプレス発表を行いました。

News Release
▶▶ 高野山金剛峯寺「弘法大師坐像」を陶で複製

  •  
  •  

※下記サイトで動画が公開されています。
KYODO NEWS 【共同通信社】

弘法大師坐像の複製品は、全国の主要百貨店でも展示される予定です。
日時、場所等の詳細は決まり次第ウェブサイト等でご案内致します。

  • 陶板(toban)
  • Special Contents
  • 陶板名画

ショールーム見学予約

弊社のオリジナル製品および、多彩なアーティストの方々との共同制作品、キトラ古墳をはじめとする文化財複製再現製品などの製品を、テーマ別に紹介しています。

  • 見に行ける!実績案内
  • 陶板によるキトラ古墳壁画の複製
  • 中之島フェスティバルタワー レリーフ製作プロジェクト
  • 大塚国際美術館
  • TOKUSHIMA VORTIS official website
ショールーム見学予約