ホーム > ニュース > 東京国立博物館で国宝火焔型土器の複製が展示

NEWS

東京国立博物館で国宝火焔型土器の複製が展示

2018/08/08

7月3日より開催中の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」の会場において、国宝火焔型土器(指定番号1)の複製が、館内で企画されている「トーハク×びじゅチューン!なりきり日本美術館」で、「さわれるレプリカ」として、展示・活用されています。
是非、お立ち寄りください。

展示場所:東京国立博物館 平成館1Fエントランスホール
展示期間:2018年7月24日(火)- 9月9日(日)
時間:9:30 - 17:00 (入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで、日曜は18:00まで開館)
※企画展のチケットが無くても見ることができます(常設展チケットは必要)
※詳しくは東京国立博物館のウェブサイトをご確認下さい
東京国立博物館

今回展示中の国宝火焔型土器の複製が東京国立博物館のブログでも紹介されています
1089ブログ
 

  •  
  •  

バックナンバー
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
  • 陶板(toban)
  • Special Contents
  • 陶板名画

ショールーム見学予約

弊社のオリジナル製品および、多彩なアーティストの方々との共同制作品、キトラ古墳をはじめとする文化財複製再現製品などの製品を、テーマ別に紹介しています。

  • 見に行ける!実績案内
  • 陶板によるキトラ古墳壁画の複製
  • 中之島フェスティバルタワー レリーフ製作プロジェクト
  • 大塚国際美術館
  • TOKUSHIMA VORTIS official website
ショールーム見学予約